未分類

火災保険の選び方

かえる
かえる
火災保険が難しくて選べないよ!

住宅ローンを契約する際に必須な「火災保険」。

火災以外にも、地震、水災、家財など、様々なオプションがあるので、何を選べばいいか迷ってしまいますよね…。

火災保険の見積もりとるなら、1回の入力で簡単に見積もり比較が出来る「インズウェブ」がおすすめ!

\一括で大手17社を比べられる!/

火災保険の比較はこちら

火災保険の選び方

火災保険を選ぶときに、ポイントとなるのは主にこの4つ。

最初からすべてを決めておく必要はありませんが、大体の希望を考えることで、スムーズに見積もりが出せます。

STEP1 補償の対象を決めよう

まずは「火災が起きたときにどこまで補償されるか」を決めます。

建物、家財の定義は保険会社によって多少異なりますが、一般的にはこんな定義です。

建物:建物に付いていて動かせないもの

家財:動かせるもの

「建物のみ」・「家財のみ」を選ぶのはなかなかハイリスク。

ほとんどの人が「建物・家財両方」の保障を選んでいます。

STEP2 オプションはつける?

火災保険が補償してくれるのは、火事による被害だけではありません。


火災保険は、落雷、台風などの風災、洪水などの水災、盗難による被害も補償されます。

洪水のおそれがあるエリアや、豪雨の際に水没しかねない地下がある家などは、水災に関する特約をつけておいた方が安心です。

おうる
おうる
エリアの危険度に応じて、必要な補償を選んで無駄のない火災保険にしよう!

地震保険はいる?いらない?

地震保険は単独での加入は出来ず、かならず火災保険とセットで契約する商品です。

おうる
おうる
地震保険は外すこともできるけど、絶対加入しておいたほうがいい!

地震は日本全国どこでも起こりえるので、必ず加入しておきましょう。

STEP3 保険金額を決めよう

火災保険は「被害があう前の状態に戻す」補償です。

そのため、保険金額をいくら大きく設定しても、保険金が多くもらえるというわけではありません。

大きすぎる保険金額は、保険料のムダ払いになります。

適正な補償を知って保険料のかけ過ぎを防ぎましょう。

建物の保険金額

土地を除いて、「同等の建物を新しく立て直すのに必要な金額」が適正な保険金額です。

実際の建物の価値を超えるような金額は設定できないので注意してください。

おうる
おうる
見積もりを取る時は、延べ床面積などから目安の保険金額を出してくれるから、ここはあまり心配しなくても大丈夫!

家財の保険金額

家財保険の保険金額は家族構成や世帯主の年齢で大体算出できます。

STEP4 補償期間・支払い方法を選ぼう

火災保険の保険期間は、1年〜最長10年まで加入できます。

おうる
おうる
保険期間が長いほど、保険料が割引されるよ!

火災保険の支払いは、毎月払い・年払い・一括払いの3パターン!

見積もりをとって比較しよう!

火災保険は、住宅ローンを借りる銀行で契約する必要はありません。

保険会社によって保険料に差があるため、数社から見積もりをとって保険料を比較するのがおすすめです!

おうる
おうる
同じ保障でも、年間数万円くらい変わるので、まずは見積もりを取ってみよう!

不動産屋さんが見積もりを取ってくれる場合がありますが、自分でも見積もりをとって比較するのが良いです。

火災保険の見積もりとるなら、1回の入力で簡単に見積もり比較が出来る「インズウェブ」がおすすめ!

\一括で大手17社を比べられる!/

火災保険の見積もりはこちら

まとめ

住宅ローンとセットで、しっかり比較・検討しておきたい「火災保険」。

補償内容と保険料をチェックして、納得のいく保険を選びましょう!