iDeCo

老後資金の備えはiDeCo!税金メリットが大きすぎる!

かえる
かえる
老後資金に2,000万円不足するってニュースで見たよ
おうる
おうる
公的年金だと老後に生活費が足りなくなるから、自分でも老後資金の備えをする必要があるよ

iDeCoとは、個人型確定拠出年金という制度の愛称です。

個人が自分の老後のためにお金を積み立てると、色々な場面で税金が優遇される仕組みのことです。

iDeCoについて基本的な仕組みと賢い活用法を一緒に学んでいきましょう。

iDeCoの仕組み

iDeCoは老後資金を準備するための制度毎月積立を行い(月5,000円から)を行い、60歳以降に換金することができます。

STEP 積立

月5,000円から1,000円単位で掛金を決定。掛金は全額所得控除の対象。

STEP 運用

定期預金や投資信託で運用します。利息や運用益は非課税です。

STEP 受取り

ライフプランに合わせて受取方法、時期を選べます。受取時も税制優遇があります。

iDeCoのメリット・デメリットは?

メリット① 積立・運用・受取の3ステップ全てで税制優遇

すでに説明した通り、積立時に支払った掛金は全て所得控除の対象になります。

また運用時は、利息や運用利益が全額非課税になります。これはNISAの特徴と同じ。

受取時は一時金の場合「退職所得控除」、年金受取の場合「公的年金等控除」が適用されるので、受取時の手取り額も最大限確保できます。

メリット② 月5,000円からはじめられる

少額から始めることが出来るので、所得が少ない人でも始めやすい制度です。

また掛金が1,000円単位で増減できるので、家計に合わせて柔軟に掛金を設定できます。

メリット③ 受取方法が選べる

年金もしくは一時金どちらでも受け取れます。

また受取時の年齢も自分で選ぶことが出来るので、家計の状況や自身の健康状態に応じて受取を選ぶことが出来ます。

デメリット① 60歳まで引き出せない

原則積立てたお金は60歳まで引き出せません。

そのため家計的に無理のない範囲で積立する必要があります。

デメリット② 口座維持手数料などの手数料が必要

毎月金融機関によって0~600円ほど必要になります。口座を開設するに当たって、手数料はきちんとチェックしておきましょう。

ちなみに手数料負担は、毎月きちんと積立していたら回収できるので、安心してください。

デメリット③ 元本割れのリスクがある

運用は定期預金や投資信託の商品で行いますが、投資信託で運用する場合、元本割れのリスクがあります。

しかし、iDeCoで取り扱う投資信託は長期的な運用が向いているものばかりなので、あまり元本割れのリスクを気にする必要はないと思います。

それよりも利回りが魅力なので、自身のリスクの許容度や年齢に応じて、一部を投資信託、一部を定期預金などに配分すると良いでしょう。

節税額をシミュレーション!

iDeCoで積み立てた掛金は全て所得控除の対象です。つまり掛金分の所得税・住民税が軽減されるということ。

ちなみに所得税は累進課税制度を採用しているため、所得が多い人ほど、税金が多くなります。そのため、年収が高ければ高いほどiDeCoのお得度が増していきます。

また所得税軽減のメリットは毎年受けられるため、始めるのが早ければ早いほどiDeCoで得られる税金メリットは大きくなります。

以下に年齢別の節税シミュレーションを作成しました。自分の年収と、希望の掛金を選んで、節税額をチェックしてみてください。

iDeCoは原則60歳まで毎月積立をします。積立年数は加入時の年齢から60歳までの積立期間を表します。

25歳(35年積立)の場合の節税額

30歳(30年積立)の場合の節税額

35歳(25年積立)の場合の節税額

40歳(20年積立)の場合の節税額

iDeCoの対象者と掛け金は?

最近はiDeCoの加入要件が緩くなり、原則働く全ての方に加入資格があります。

雇用条件等は関係ないので、パート・アルバイト・派遣社員の方も始めることが出来ます。しかし、要件に応じて掛け金の条件が異なるため、自分の上限をチェックしておきましょう。

※DB=確定給付年金  企業型DC=企業型確定拠出年金

iDeCoのおすすめはどこ?

かえる
かえる
iDeCoをやりたいけど結局どこの会社でやればいいの?
おうる
おうる
運用会社を決めるうえで大事なポイントは3つ!ここさえ押さえれば大丈夫だよ!

手数料が安い

運用口座を選ぶうえで、一番大事なのが手数料。

利回りの良い商品を選んでも、手数料が高いとせっかく出た運用利益が手数料に食われてしまいます。

一度iDeCo口座を決めると変更手続きが面倒なので、最初にきちんと比較検討しておく必要があります。

商品のラインナップ

手数料で差がつかない場合は、運用商品の種類で選びましょう。

商品数が多いと必然的にそれぞれの家計にあった柔軟な運用が可能になります。

管理のしやすさ

家計で管理しやすいかどうかも金融機関を決めるうえで押さえておきたいポイントです。

楽天ユーザーであれば楽天証券、イオンをよく使うのであればイオン銀行、など自分の取引銀行を選ぶと管理が楽になります。

結局どこの金融機関がおすすめ?

iDeCoの取扱いをしている金融機関は多数ありますが、代表的な金融機関を手数料・取扱い商品数2つの観点から比べてみました。結果はこちら!

※2020年7月調べ

上図の通り、ネット証券の手数料は全社同額で差がありません。ちなみに口座開設に必要な『加入手数料』も2,829円と全社同額です。

ちなみに大手メガバンクのデータを参考に載せました。銀行はネット証券に比べて、人件費の影響で手数料が高くなっているのが分かると思います。

オススメ位 SBI証券

大手のネット証券である、SBI証券はとにかく商品ラインナップが最強です。「オリジナルプラン」と「セレクトプラン」の2種類のプランがあります。

ちなみにオリジナルプランはiDeCoスタート当初からのプラン。セレクトプランは、様々なニーズに対応できるよう改良された新しいプランです。選ぶならセレクトプランがおすすめ。

SBI証券 iDeCoの公式ページへ

オススメ位 楽天証券

楽天証券の商品ラインナップも、SBI証券にほとんど見劣りしません。

楽天証券を既に持っている人は、管理の面を考えると楽天証券を選ぶのが良いと思います。また楽天証券は楽天独自の銘柄もあるので要チェックです。

\今なら口座開設で200P、iDeCoで200Pもらえる!/

楽天証券 iDeCoの公式ページへ

まとめ

iDeCoの魅力は積立NISAよりも手厚い税制優遇にあります。

運用益が非課税になるほか、掛金全額が所得控除になります。また60歳以降に受取る時にも税金の優遇があります。

そんなたくさんの税制優遇のメリットがあるiDeCoを活用して老後資金を準備を万端にしましょう!