つみたてNISA

初心者でも簡単!NISAとつみたてNISAの違いを徹底検証!

かえる
かえる
NISAとつみたてNISAって何が違うの?
おうる
おうる
非課税なのはどっちも同じ。制度やメリットデメリットを見てみよう〜!

投資の運用益が非課税になる口座には「NISA(一般NISA)」と「つみたてNISA」があります。

投資初心者はつみたてNISAが圧倒的におすすめ。

つみたてNISAは最長20年の非課税期間があり、長期的な資産形成に特化しているため、投資に詳しくない人でも安心して始めることができます。

NISAもつみたてNISAも、投資の利益が非課税なので、とてもお得ですが、2つを同時に利用出来ないので、自分にあった方を選ぶ必要があります。

共通する点は非課税!

どちらにも共通する特徴から確認していきましょう。

「NISA(ニーサ)」とは投資で得た利益や配当に対する税金約20%が、一定額まで非課税になるという制度のこと。

例えば投資で、10万円の利益を得た場合、普通だと20.315%の税金が引かれるため、手元には約8万円しか残りません。

しかしNISAを利用すれば、利益が非課税になるため、丸々10万円を手にすることができます。

利益が仮に100万円だと、20万円分の税金が引かれずに手元に残ることになります。この税金メリットはとても大きいですよね。

この「非課税」という点が、NISAとつみたてNISAの共通の特徴です。

ちなみに、制度は2つを併用することが出来ないうえ、切り替え手続きは年に1度だけ。

どちらを利用するかは、メリットデメリットをしっかりを検討して決めたほうが良いでしょう。

NISAは一括購入が出来る

NISAは、投資信託などを自分が買いたいタイミングで買い、売りたいタイミングで売る取引に適用される制度。

非課税期間は5年で、年間120万円までの利用が上限です。つまり、5年✕120万円=600万円が最大に活用できる非課税投資額となっています。

また、金融商品は株式や投資信託(ETF、REIT含む)など幅広く運用できます。

つみたてNISAは積立方式

つみたてNISAは、毎日、毎月など定期的に積み立てる投資に適用される制度です。

非課税期間は20年とNISAに比べてとても長いですが、年間40万円が上限と少額になっています。

そもそもつみたてNISAの趣旨が、「初心者が始めやすく、少額を長期間積み立てる制度」なので、期間が長く、上限は低く設定されています。

また運用する金融商品は、金融庁が定めた基準にあう商品のみなので、株式投資などはできません。

NISAとつみたてNISAの違い

NISAもつみたてNISAも、投資の利益が非課税という共通点が大きなポイントです。

しかし、それぞれ適した使い方があるので、違いを詳しく見ていきましょう。

大きな違いは①非課税期間、②年間非課税枠、③投資対象の金融商品の3つです。

非課税期間

2つの制度とも、非課税期間に上限があり、NISAは最大5年、つみたてNISAは最大20年です。

ちなみに現在、制度をスタート出来るのは、NISAは2023年まで、つみたてNISAは2037年までとなっています。

年間の非課税枠

NISAの年間非課税枠は120万円であるのに対し、つみたてNISAは40万円。

月換算すると、NISAは毎月10万円、つみたてNISAは毎月3.3万円程度まで投資可能です。

また、最大の非課税総額は、NISAが総額600万円(120万円✕5年間)つみたてNISAが総額800万円(40万円✕20年間)

トータルで見ると、つみたてNISAの方が多く投資ができる計算です。

投資対象の金融商品

NISAの対象となる商品は投資信託、株式、REITなど選択肢がたくさんあります。一方、つみたてNISAは、金融庁ガイドラインをクリアした投資信託(ETF)だけしか買うことできません。

おうる
おうる
NISAは一括購入が出来るから、最大120万円まで一度に投資することも出来るよ!
かえる
かえる
つみたてNISAは積立しか出来ないから注意しなきゃ!

NISAとつみたてNISA、結局どっちがいいの?

 NISAはたくさん投資したい人向け

NISAは非課税投資枠が年120万円と高いため、たくさん投資をしたい人に向いています。

ただし、投資の大原則は「余剰資金で行うこと」なので生活費に手を出すのはNG。

月々3万円前後のつみたてNISAでは物足りない場合は、NISAの活用が良いです。

投資慣れしている人にもおすすめ

NISAは、投資信託以外にも取り扱っている商品が豊富なので、自分で色々な商品を選びたい人に向いています。

投資初心者が膨大な選択肢の中から選ぶのは難しいので、NISAを使いこなすには、ある程度投資慣れが必要です。

つみたてNISAはコツコツ貯めたい人向け

つみたてNISAは年間の投資額は低いですが、非課税期間が20年間ととても長いです。

投資は、長期であるほどリスクを軽減することができ、リターンを得やすいです。

子どもの教育資金や住宅購入費用など、中~長期的な目的に向かって、積み立てたい人に向いています。

積立は金融機関によって「毎月」「毎週」「毎日」など、色々なパターンで投資できます。

初心者の人、リスクを抑えたい人にもおすすめ

投資初心者は、銘柄選びや購入のタイミングを迷ってしまいがち。

つみたてNISAの商品は「長期的な資産形成」にぴったりなものだけなので、選択肢が多いNISAよりも、初心者は安心して購入出来ます。

また、一括で投資するのではなく、コツコツ積立するので、値動きを気にする必要がなく、ある程度ほったらかしにできるのも初心者にオススメな点です。

まとめ

投資初心者はつみたてNISAを選ぼう

投資初心者で「まずは少額で、少しずつ学んでいきながらお金を増やしていきたい」という場合は、つみたてNISAが絶対おすすめ。

銀行によって商品やサポート体制がことなるので、身近な銀行に相談してもいいかも。

ただし、手数料的な面を考えると銀行よりもネット証券がおすすめ。

初めてで選べない人はこちらの記事を参考にしてください。

\わたしのおすすめは楽天証券/

楽天証券で 口座開設する

【つみたてNISA】おすすめの証券会社はこれだ!人気8社を徹底比較!つみたてNISAとは、投資で得られた利益が非課税になる制度のこと。 毎年40万円までの投資で得られた利益に対し、最長20年間非課税...