つみたてNISA

【徹底比較!】 「つみたてNISA」と「iDeCo」どっちがお得?メリットデメリットを検証!

「つみたてNISA」と似た制度で「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」というものがあります。

2つの制度はとても似ているので、どちらを選んだら良いか分からない!という人が多いともいます。

そこで今回は、「つみたてNISA」と「iDeCo」の違いや、2つの制度のメリットデメリットなどを徹底解説していきます。

「つみたてNISA」「iDeCo」どちらも利益は全額非課税!

つみたてNISAの仕組み

つみたてNISAとは、投資で得られた利益が非課税になる制度のこと。

毎年40万円までの投資で得られた利益に対し、最長20年間非課税になります。

つみたてNISAの口座を使って積立投資をすると、出た利益が全額非課税になる、という仕組みです。

また、つみたてNISAで購入できる金融商品は、すべて金融庁の一定の基準をクリアしたもののみなので、初心者が安心して始められるのが特徴です。

iDeCoの仕組み

iDeCoは老後資金を準備するための制度。

毎月積立を行い(月5,000円から)を行い、60歳以降に換金することができます。

運用益が全額非課税になるほか、掛金全額が所得控除になります。

また60歳以降に受取る時にも税金の優遇があります。

ふたつの制度の違いを知ろう

積立方法のちがい

「つみたてNISA」は「毎月」積立が一般的ですが、金融機関によっては「毎日」や「毎週」などの積立方法があります。

一方「iDeCo」は「毎月積立」のほか、「毎月積立+ボーナス月増額」や「ボーナス時のまとめて支払い」、「年払い」などが可能です。

運用期間・現金化のちがい

「つみたてNISA」が最長20年間、「iDeCo」は最長40年間(20歳~60歳未満)です。

「つみたてNISA」はいつでも引き出し可能ですが、「iDeCo」は60歳までは引き出しが一切できません。

運用商品のちがい

運用出来る銘柄は、どちらも制限があります。

「つみたてNISA」は金融庁が指定した銘柄で投資信託かETFのみ。

「iDeCo」は金融機関が厳選した投資信託や定期預金、年金保険などがあります。

つみたてNISAとiDeCoを決めるときのポイント

2つのポイントに絞って検討しよう

2つの制度を比較する上で、一番重要なポイント「所得控除」と「現金化」です。

「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちら申し込みするかを検討するときには、この2点に絞って比較検討しましょう。

60歳まで使う予定がないお金なので、掛金の所得控除を重要視したい

所得控除を重視する人は「iDeCo」がおすすめ。

掛金の全額所得控除は「iDeCo」最強のメリットで、つみたてNISAでは受けられない恩恵です。

「つみたてNISA」も「iDeCo」も投資の利益は非課税と言いましたが、これは利益が出たら受けられる恩恵であり、利益が出なければ全く意味がありません。

しかし、「所得控除」については掛金を納付した段階で、確実に節税が出来ます。節税という観点から「iDeCo」はとても魅力的と言えます。

数年後に使う予定があるお金なので、現金化のしやすさを重要視したい

節税メリットの大きいiDeCoですが、60歳までは引き出せないという大きなデメリットがあります。

そのため、「必要なときに引き出せるかどうか」を検討しておく必要があります。

「iDeCo」は老後資金に特化した貯蓄制度。つまり住宅購入や教育資金など、60歳になる前に引き出す必要のある資金には使えません。

「つみたてNISA」は好きなときに、積み立てたお金を引き出すことができるので、現金化という観点からは、「つみたてNISA」をおすすめします。

結局どっちがいいの?

結局「つみたてNISA」と「iDeCo」ではどちらが良いのでしょうか。

所得控除と②現金化どちらを重視するべきなのかをみていきます。

貯金の少ない20~30代は、まず「つみたてNISA」をはじめよう

もしあなたが20~30代であれば、人生がまだ不確定で、未来の支出は読めない人がほとんどだと思います。

不確定要素の多い20〜30年代は「いつでも資金が引き出せる」ことを重視し「つみたてNISA」をはじめましょう。

20~30代は老後までの期間が長く、結婚や住宅購入といったたくさんのライフイベントが待っています。

大きなライフイベントの度に資金が必要になるので現金化のしやすさを重視します。

40代以降でも、養育費や、住宅ローンの返済が負担な人はつみたてNISAから始めることをおすすめします。

節税もしたいからどうしてもiDeCoを始めたい!という人は、まずは最低金額の5,000円から始めてみましょう。

毎月の家計のうち60歳までなくても困らない額で始めるのがポイントです。

初心者でもインフレに負けない資産作り|つみたてNISAの活用法 つみたてNISAとは? つみたてNISAの魅力 つみたてNISAとは、投資で得られた利益が非課税になる制度のこと。毎...

先の未来が見通しやすい40〜50代はiDeCoがおすすめ

40代以降になると、住宅購入や教育資金などある程度目星がつき、不確定要素が無くなってくるので、iDeCoがおすすめです。

また40代以降の人は年収が高くなっていることが多いので、iDeCoの節税メリットを大きく受けることができます。

年収が高くなるほど所得控除の額が大きくなるので、若年層よりも、40代以降の方がiDeCoのメリットが大きいです。

老後資金の備えはiDeCo!税金メリットが大きすぎる! iDeCoとは、個人型確定拠出年金という制度の愛称です。 個人が自分の老後のためにお金を積み立てると、色々な場面で税金が優...

50代半ば以降はiDeCoに注意!

50代半ばを過ぎてから加入した場合は、iDeCoの引出しが63歳以降に繰下げられます。

55歳以降の人は受給開始の年齢をしっかりと確認しておきましょう。

退職後の生活資金としてiDeCoを申し込んだのに、退職してもお金が引き出せない!なんてことも。

もし60歳を迎えて、すぐに使う予定があるならば、つみたてNISAの利用が適しています。

つみたてNISAなら、55歳から始めれば、最長75歳まで積立出来るので、75歳以降の後期高齢者期間に向けての準備ができます。

「つみたてNISA」と「iDeCo」を併用したい!

ここまで「つみたてNISA」と「iDeCo」のどちらが向いているかを紹介してきました。

しかしそもそも「2つの制度のどちらかを選ばなければいけない」というわけではありません。

もちろん若くても資金に余裕があれば、両方を同時に行ってよいと思います。

しかし私は、若いうちから少ない資金を無理に振り分ける必要はないと思います。

20代で毎月2万円貯金しようという人が、iDeCoとつみたてNISAで1万円ずつ積み立てる必要はないです。

不確定な未来に向けて、つみたてNISAから始めるべきだと思います。

そして歳をとり、人生が安定してきたらiDeCoを追加するという方法で十分利益があります。

まとめ

最近は、若い世代も老後にしっかりと目を向けている人が増えてきました。

老後資金2,000万円問題から、よりいっそう老後に対して不安がある人が増えてきたと感じます。

しかし資金の準備は、まず近い将来のライフイベントを優先させるべきであり、遠い将来である老後資金はその次に考えるべきことです。

未来がまだ不確定な場合、途中で資金を取り崩す必要があります。

まずは初心者でも安心して始められ、年齢問わずに出来るつみたてNISAから挑戦してみましょう。